You are currently viewing 【HTML】Webサイトの基本のHTMLを学ぼう!「HTMLの見出し」【入門編】

【HTML】Webサイトの基本のHTMLを学ぼう!「HTMLの見出し」【入門編】

こんにちは、Ka-Chan(かっちゃん)です。

こちらの記事は、私のメモのようなものです。
HTMLを取得するにつれて学んだことを記事にしてまとめています。

参考になったらと思います。

下記のような手順で学んでいきました。
それでは、今回は「HTMLの見出し」についてです!

HTMLの見出し

HTMLの見出しについて

違う記事でも言いましたが見出しは、<h1><h6>タグで定義されています。

<h1>は最も重要な見出しを意味しています。<h6>は最も重要でない見出しを意味しています。

下記のように大きさも変わってきます。

見出しは重要です。

検索エンジンは、見出しを使用して、Webページの構造とコンテンツにインデックスを付けています。

ユーザーの多くの場合、見出しでページを読み飛ばします。文章構造を示すために見出しを使用することが重要です。
 
※(注意)ブラウザーは、見出しの前後に空白(マージン)を自動的に追加します。
※(注意)HTML見出しは見出しにのみ使用してください。見出しを使用して、テキストを太文字にしないでください。

 

h1より大きくするためには

各HTML見出しにはデフォルトのサイズがあります。しかし、style属性使用することによってフォントのサイズを変更することができます。

下記のように変更すればできます。

See the Pen ExVWpBy by Nakashima (@ka-chan) on CodePen.

HTMLの水平線のやり方

<hr>タグは、HTMLページのテーマの区切りを定義することができます。

HTMLの<head>要素について

HTMLの<head>要素はメタデータのコンテナです。HTMLメタデータは、HTMLドキュメントに関するデータです。メタデータは表示されません。

<html>タグと<body>タグの間に要素が配置することができます。

下記の例でもわかるように特に何も表示はされません。

※(注意)メタデータは通常、ドキュメントのタイトル、文字セット、スタイル、スクリプト、およびその他のメタ情報を定義します。

 

それでは、この記事はこれで終わりです。

次の記事はこちらです。

コメントを残す