【PHP】文字列「文字列リテラル」ヒアドキュメントなどについて【入門】

【PHP】文字列「文字列リテラル」ヒアドキュメントなどについて【入門】

PHPの全目次

文字列の目次

文字列リテラル

PHPにおいて文字列とは複数の文字をつなげたものです。例えば、「こんにちは」や「Hello World!」などはそれぞれ文字列です。

文字列をプログラムの中で記述する場合、どこからどこまでが文字列としての値なのかを表すために文字の集合をシングルクオーテーション(‘)または、ダブルクオーテーション(“)で囲います。

’文字列’
“文字列”


なおダブルクオーテーションで囲った場合とシングルクオーテーションで囲った場合はプログラムの中で扱われ方が異なります。詳しくは違う記事で確認していきます。

ヒアドキュメント

複数行に渡る文字列を作成するにはヒアドキュメントを使用することもできます。ヒアドキュメントを記述するには「<<<ID」で始まり「ID」で終わる間に記述します。

<<< ID
文字列 1
文字列 2
文字列 3
ID


「ID」は任意の文字列が指定できます。例えばIDとして「Document」とした場合は次のようになります。

<<< Document
こんにちは! <br/>
お元気ですか?
Document


ヒアドキュメントの中ではシングルクオーテーション(‘)やダブルクオーテーション(“)も単なる文字として扱われます。空白が含まれる場合は空白は空白として扱われます。

サンプルコード

▼Example-mojiretsu1-1.php

<!DOCTYPE html>
<html lang=“ja”>
<head>
<meta http-equiv=“Content-Type” content=“text/html;charset=UTF-8” />
<title>PHPテスト</title>
</head>
<body>

 

<p>PHPのテストです。</p>

 

<p>
<?php
print “こんにちは。<br />”;
print <<< EOS
お元気ですか?<br />
いいお天気ですね。<br />
ではさようなら。
EOS;
?>
</p>

 

</body>
</html>

上記のファイルをwwwサーバーのドキュメントルート以下に設置しブラウザーからアクセスすると次のように表示されます。

コメントを残す