【PHP】変数「変数の宣言と値の代入」について【入門】

【PHP】変数「変数の宣言と値の代入」について【入門】

PHPの全目次

変数の目次

変数の宣言と値の代入

PHPでは変数は値を格納するための箱です。他のプログラミング言語では変数は値に対する名札のように機能するものもありますが、PHPでは値そのものを変数に格納すると考えて下さい。

変数を利用するには、変数に対する名前と変数に格納する値を使って次のように記述します。

$変数名 = 値;


変数は事前に宣言は必要ありません。値を格納した時点からその変数を利用することができるようになります。そして複数の変数をプログラムの中で使用することができます。そのため、それぞれの変数を区別するために変数には任意の変数名を付けます。変数は「$」 + 変数名で表されます。

変数名として利用できる文字列は先頭がアンダーバーかアルファベットで始まり、その後にアンダーバー、数字、アルファベットが続くものです。

$name
$_pref_name
$year2020


変数名では大文字と小文字は区別されます。数字やアンダーバー以外の記号で変数名を始めることはできませんので注意してください。

代入演算子

変数に値を格納するには代入演算子「=」を使います。代入演算子は左辺の値を右辺委代入します。

$old = 20;
$name = ‘神崎’;


上記の場合、「$old = 20」では数値の20を変数「old」に格納しています。「$name = ‘神崎’」では文字列の「神崎」を変数「name」に格納しています。

数値や文字列などの値が変数に格納されると、変数はあたかもその値のように扱うことができます。例えば、変数をprintなどで出力することもできますし、数値が格納された変数を他の数値と演算することもできます。

$name = ‘神崎’;
print $name;

 

$num = 20;
print $num * 9;

 


また、一度値を代入された変数に、別の値を代入することもできます。

$name = ‘神崎’;
print $name;

$name = ‘遠藤’;
print $name;

サンプルコード

▶Example-variable1-1.php

<!DOCTYPE html>
<html lang=“ja”>
<head>
<meta http-equiv=“Content-Type” content=“text/html;charset=UTF-8” />
<title>PHPテスト</title>
</head>
<body>

<p>PHPのテストです。</p>

<p>
<?php
$name = ‘神崎’;
print $name.‘<br />’;

$num = 20;
print $num * 9;
?>
</p>

</body>
</html>

上記のファイルをwwwサーバーのドキュメントルート以下に設置しブラウザーからアクセスすると次のように表示されます。

変数に格納された値を出力したり、変数に格納された値と他の数値で演算が行えていることが確認できます。

コメントを残す