【CISCO】Indyのスタートアップsocic社を買収し、Webexにハイブリットイベントをもたらす【海外ニュース】

【CISCO】Indyのスタートアップsocic社を買収し、Webexにハイブリットイベントをもたらす【海外ニュース】

シスコ、インディのスタートアップSocio社を買収し、Webexにハイブリッドイベントをもたらす

シスコは今朝、インディアナポリスを拠点とする新興企業Socioを買収する意向であることを発表しました。Socioは、対面式と仮想式のハイブリッドイベントの企画を支援する企業です。買収金額は公表されていません。

Socio社は、同社のWebexプラットフォームに追加するための、不足しているハイブリッドイベント管理コンポーネントを提供しています。これを先日のSlidoの買収と組み合わせることで、Webexを主にビデオ会議用のアプリケーションから、より包括的なイベントプラットフォームへと変化させることが狙いのようです。

“Socio Labs社の買収は、包括的で魅力的かつインテリジェントな会議・イベント体験を提供するというCisco Webex社のビジョンの一環として、業界をリードするオーディエンス・エンゲージメント・ツールであるSlido社を最近買収したCisco社を補完するものであり、これらを組み合わせることで、包括的でコスト効率が高く、使いやすいイベント管理ソリューションを構築することができます[…]」と同社は声明で説明している。

パンデミックの影響は、シスコにとっても見逃せないものでした。ライブイベントに戻ることが予想される中、バーチャルな体験と組み合わせることができれば、直接参加できる人以外にも、より多くの人にイベントを開放することができるのは明らかです。これは、COVIDを過ぎても変わらないでしょう。

シスコのセキュリティ&コラボレーション担当SVP兼GMのJeetu Patelは、「仕事の未来は、仕事のミーティングであれ、大規模なイベントであれ、ハイブリッドになるだろう」と述べ、シスコはWebexプラットフォームのユースケースを拡大するために今回の買収を行ったとしています。

“1対1の通話でも、小規模なチームハドルでも、グループミーティングでも、大規模な外部イベントでも、摩擦を取り除き、人々が包括的な方法でお互いに関わることができるようにしたいと考えています」。Slidoでは、自分が話していないときでも、すべての声を聞くことができます。Socioでは、自分の声を多くの人に聞いてもらうことができます」とPatelは語ります。

そして、Webexはそのすべてを実現するためのプラットフォームだと考えています。”会話の種類を問わず、人と人との交流をより魅力的なものにするための、実に強力な技術の組み合わせです」と、Patel氏は付け加えます。

CRM Essentials社の創設者兼主席アナリストであるブレント・リアリー氏は、変化するイベントの状況を利用するのは賢明な行動であり、この買収によってシスコはこの分野での本格的なプレーヤーになると述べています。

“パンデミック後の世界に近づくにつれ、人々が外に出て物理的なイベントに参加するようになるため、ハイブリッドなイベント体験を生み出す必要性が急速に高まっています。そのため、ローカルイベントのサポート/参加と、より広範なバーチャルオーディエンスを統合するツールを組み合わせたイベントスタックを持つことが、イベント管理の未来となるでしょう」とリアリーは教えてくれました。

Socio社は2016年に設立され、Crunchbaseのデータによると、約700万ドルの投資資金を調達しました。マイクロソフト、グーグル、ジェット・ブルー、グリーンピース、ペプシコ、ヒュンダイなど、一流の企業顧客を擁しています。

この買収は、2021年度の第4四半期に完了する予定です。買収が完了すると、Socio社の135名の従業員がCisco社に入社します。シスコの広報担当者によると、ソシオのツールはWebexプラットフォームに組み込まれる予定ですが、独立した製品として継続することも可能です。

翻訳したサイト:https://techcrunch.com/2021/05/12/cisco-to-acquire-indy-startup-socio-to-bring-hybrid-events-to-webex/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Techcrunch+%28TechCrunch%29

コメントを残す