【SQL – Oracle】結合構文の種類

【SQL – Oracle】結合構文の種類

結合構文の種類について

 Oracleサーバーでは、以下の2種類の結合構文に含まれるいろいろな方法で表を結合できます。
  ・SQL:1999規格に準拠した結合構文
  ・Oracle独自の結合構文

■SQL:1999結合構文の結合タイプ
 SQL:1999結合構文とは、標準化団体によって標準化された「SQL:1999規格」に準拠した結合構文です。Oracleサーバーでは、Oracle 9i以降で使用できます。
 SQL:1999結合構文では「JOINキーワード」を使用して表を結合します。また、結合条件(結合時に”意味のあるデータ”を取り出すための条件)は「ON句」に指定します。ただし、ON句は必須ではありません。明示的に結合条件を指定する際に記述します。また、結合条件以外に条件はWHERE句に指定します。

 SQL:1999結合構文の基本構文は下記のとおりです。下の表と合わせて確認してください。

▶ SQL:1999結合構文
  SELECT [表名.]列名, [, [表名.]列名・・・]  FROM 表名1
        {
     NATURAL JOIN 表名2   |
           JOIN 表名2 USING(列名)   |
           JOIN 表名2 ON 結合条件   |
           {LEFT | RIGHT | FULL} [OUTER] JOIN 表名2 ON 結合条件   |
           CROSS JOIN 表名2
        }
        [WHERE 結合条件以外の条件];

▶ SQL:1999結合構文の結合のタイプ

SQL:1999結合構文の結合のタイプキーワード
等価結合 自然結合 NATURAL JOIN
USGIN句を使用した JOINおよびUSING
ON句を使用した結合 JOINおようびON
非等価結合 JOINおようびON
自己結合 JOINおようびON
外部結合 左側外部結合 LEFT [OUTER] JOINおようびON
右側外部結合 RIGHT [OUTER] JOINおようびON
完全外部結合 FULL [OUTER] JOINおようびON
クロス結合 CROSS JOIN

コメントを残す