【SQL – Oracle】AVG関数とSUM関数について

【SQL – Oracle】AVG関数とSUM関数について

ここでは、AVG関数とSUM関数について学んだことをまとめています。

少しでも参考になればと思います。

AVG関数とSUM関数

AVG関数は平均値を、SUM関数は合計値を戻す関数です。引数には、数値型を戻す式または列のみ指定できます。

▶ AVG関数、SUM関数
  AVG( [DISTINCT | ALL] 式)
  SUM( [DISTINCT | ALL] 式)

▶ MAX関数とMIN関数の使用例

SQL> SELECT AVG(sal), SUM(sal)
 2  FROM employees;

  AVG(SAL)     SUM(SAL)  
----------   ------------ 
273571.429      3830000   

上記の例では、SAL列に格納されているデータの平均値と合計値を表示しています。

コメントを残す