【SQL – Oracle】リレーショナルデータベースとは?

リレーショナルデータベースとは

データベースの構造には大きく分けて階層型、ネットワーク型、リレーショナル型の3つの型があります。

▼リレーショナルデータベース型

型名管理方法
階層型データを階層構造で管理、IBM社の「IMS」が有名。
ネットワーク型データを網の目のように相互に関連づけて管理
リレーショナル型データを行と列で構成される2次元の表として管理

▼階層型データベース

▼ネットワーク型データベース

▼リレーショナル型データベース

リレーショナル・データベースとはリレーショナル型でデータを管理しているデータベースのことを表し、Relational DataBaseの頭文字を取りRDBとも呼ばれます。リレーショナル・データベースはデータの検索・更新を容易に行うことができ、操作性・柔軟性に優れているため現在ではもっともよく使われているデータベースの型になりました。

リレーショナル・データベースを扱うソフトウェアはリレーショナル・データベース管理システム(RDBMS : Relatinal DataBase Management System)と呼ばれます。RDBMSの代表的なものにはOracleのOracle Database、IBMのDB2 UDB、MicrosoftのSQL Server、オープンソースのPostgreSQLとMySQLなどがあります。これらのRDBMSはいずれもSQLと呼ばれる言語を用いてデータベースのデータ操作をおこないます。

コメントを残す