【SQL – Oracle】COUNT関数について

【SQL – Oracle】COUNT関数について

COUNT関数

COUNT関数は、取り出されたデータの件数を戻す関数です。引数には、数値型文字型日付型を戻す式または列を指定できます。

また、列名、式に加えて「*」(アスタリスク)を指定することもできます。

▶ COUNT関数
  COUNT({ * | [DISTINCT | ALL] 式 })

カウントされるデータの件数は引数に指定する値によって異なります。

▶ COUNT関数の引数とカウントされるデータの件数
  *・・・重複した値やNULL値を含む、すべてのデータの件数
  式またはALL式・・・
   重複した値をそれぞれ1件としてカウントしたデータの件数(NULL値は含まれない)。
   なお、オプションの指定を省略した場合は、デフォルトの「ALL」となる
  DISTINC式・・・
   重複した値を1回だけカウントしたデータの件数(NULL値は含まれない)

▶ COUNT関数の使用例

SQL> SELECT COUNT(*), COUNT(comm), COUNT(job), COUNT(DISTINCT job)
 2  FROM employees;

  COUNT(*)   COUNT(COMM)    COUNT(JOB)   COUNT(DISTINCTJOB)
----------   ------------   ----------  -------------------
       14             4             14                   5

上記の例では、EMPLOYEES表(テーブル)に格納されている全データの件数(1列目)、COMM列にNULL値が含まれていないデータの件数(2列目)、JOB列にNULL値が含まれていないデータの件数(3列目)、およびJOB列の種類の数(4列目)表示しています。

コメントを残す